株式市場を一休み、北の大地でリフレッシュ!

自分時間
oppo_1024

こんにちは、セカンドライフ邁進中の、isseです。

秒を争い、生き馬の眼を射抜く株の世界。そんな都会の喧騒を離れ、今回は北の大地へと旅してまいりました♪ 普段の投資関連の話題は一旦置いておいて、リフレッシュと新たなインスピレーションを求めた旅の話をお届けします。いつもと少し違い小説風です。どうぞ、お楽しみください!

まだ静けさ漂う朝もやの中、機上の人となった私は、約2時間弱で北の大地に降り立った。今回の旅は函館グルメと名所を回る時間との戦いでもある。ホテルに荷物を預けるべく、駅前行きのバスに乗り込もうとした、その時早くも、私の足を止める出来事が起こった!あの人だかりは、コナン君のスタンプラリーだ!映画の舞台となったその街は、コナン君のタイアップ案件が山積していた。瞬時にこれはやるべきと判断した私は、株取引でも滅多にみせない俊敏さで、スタンプシートを入手しスタンプを押した。まず一つ目。

揺れるたてがみ、舞いあがる砂塵

無事、コナン君の足止めを回避し、ホテルに荷物を預けた私は、最初の目的地である大人の動物園とも言われる、函館競馬場に到着した。熱い日差しの中、これからの事を思うと、身震いした、いや武者震いか。すぐに、始めたいところではあるが、まずは腹ごしらえだ。函館名物の「あじさい」の塩らーめんを堪能。透き通っているが深みのあるスープ、、かなり美味い。さすが味彩か! 朝遅めの朝食もとれ、いざ決戦。・・・投資と異なり、買うたびにわずか2分程度で上場廃止を決めていく、我が投資馬券達。これがアウェーの洗礼なのか。次々と外れる馬券に、笑うしかなかった。だが、ここでくじけてはいけない。気を取り直し、次は有名な「ハセガワストアのやきとり弁当」を堪能。(これ焼き鳥弁当なのに豚肉なんですよ!)甘みのある秘伝のタレがとても美味しく、疲れた体とすさんだ心を癒していく。よし、私はまだ戦える!

午後3時の決断

午後3時、メインレース前の10レースを終えた時点で、今回はこれ位にしておこう。東証だって15時までだしね。いつもなら最終レースまでいる私ではあるが、今回はここで、次の目的に向かった。えっ、結果はどうだったか?・・・勿論、美味しい食事と楽しいレースを堪能しましたよ。株取引も競馬も、時には休むことが大切ですね。

oppo_1024

歴史と美の融合、五稜星形城郭

次に向かったのは、歴史と美しさが融合した「五稜星形城郭」。その美しい星形の城郭を散策しながら、かつての戦いの歴史に思いを馳せました。ここで得た静寂とインスピレーションが、私の次なる投資のヒントになることを願って。更に、ここでもコナン君のスタンプを2個ゲット(五稜郭、五稜郭タワー)、帰りに丸井今井函館店で更に一つゲット。これで、計4つ。競馬と違い順調すぎて、怖いくらいだ。

oppo_1024

レトロモダンの象徴、金森赤レンガ倉庫

次に訪れたのは、「レトロモダンの象徴」とも言える金森赤レンガ倉庫。明治時代に建てられたこの倉庫群は、歴史を感じさせる赤レンガの壁が印象的で、その重厚な佇まいは一瞬で私を別の時代に連れて行ってくれた。

倉庫の中には、おしゃれなカフェや雑貨店、ギャラリーが立ち並び、まるで異国の街角に迷い込んだかのよう。歩き疲れた体を休めるために、まずはカフェで一息つくことにした・・・いところではあるが、時間が無い。早々にコナン君のスタンプをゲットし、函館の夕景・夜景を見るべく足を早めた。

地元のソウルフード、ラッキーピエロ

展望台へ向かうべく、ロープウェイを目指す途中、私の目に飛び込んできたのは、地元で愛され続けている「ラッキーピエロ」。函館名物のこのハンバーガーショップは、ユニークな外観とアメリカンな雰囲気が漂う店内で、驚くほどの種類のバーガーが並んでおり訪れるだけでワクワクさせてくれると評判のお店だ。だが、私には時間があまり無い。

ところが驚いたことに、気づくと一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」を注文している自分に気づいた。このバーガーは、甘辛いタレがたっぷり絡まったジューシーな唐揚げが挟まれていて、ボリューム満点。一口かじると、外はカリカリ、中はジューシーなチキンが口いっぱいに広がり、思わず笑みがこぼれる。

これはロスタイムではない、寄り道だ!こんなに美味しい体験を逃すわけにはいかない。

終焉の地へ 

徐々に日が暮れてきて、私の旅の終焉も近づいてきた。函館山展望台を目指すべく、急勾配の難所八幡坂を超え、ロープウェイを目指した。ところが、ロープウェイの乗り場まで来てみると係員が何やら説明を行っている。なになに・・・天候が悪く登っても雲がかかっており景観は良くないですよと。よろしければモニターでご確認ください。なんだ、そんなことか・・・じゃない、重要な問題だ!モニターを除くと、確かになにも見えない。終わった。。。しかもスタンプラリーの設置場所は展望台にあるという。

決断の時

ここで、私は勇気ある撤退を選択した。株取引でも引き際が大事だ。展望台には登らず、ホテルに帰還することとした。急遽始めたコナン君のスタンプラリーだが、スタンプ5個で先着でオリジナルステッカー、スタンプ7個で抽選でオリジナルグッズであった。既に、オリジナルステッカーは配布終了との情報を得ていたので、目標は7個。 現在は、空港、朝市、五稜郭、五稜郭タワー、丸井今井函館店、金森赤レンガ倉庫、この後、景品引換所でもある函館駅で7個か。うん?そう!競馬場へ向かう前にホテルに荷物を預ける通り道で朝市でスタンプゲットしているのです。切り札は取っておくものですよ!(単にほぼ素通りで書く内容が無かっただけ)無事に、函館駅でスタンプおよび抽選券を得て、私は長い旅(スタンプラリー)を終えた。戦いの後の、お風呂とお酒はまた格別であろう。

oppo_1024

今回は、まったく需要がないとは思いますが、自分時間の旅行記をお届けしました。次回はシーズンに合わせて、株主総会などの記事をお届けします。それでは、またお楽しみに!

    「レッツ、前倒しセカンドライフ!」